2008年07月13日

厚労“ネットカフェ役人” サボり丸見え 書き込み、メールに固有記号

厚労“ネットカフェ役人” サボり丸見え 書き込み、メールに固有記号

7月13日8時1分配信 産経新聞


 厚生労働省で、1日に12万件もの業務と関係ないホームページ(HP)の閲覧が発覚した。“ネットカフェ難民”は、同省が担当する問題だが、多数の職員による業務外のHP閲覧はまるで“ネットカフェ役人”ともいえる状態。「厚労省」という発信者情報が筒抜けのため、仕事の非効率化だけでなく、ネット上に「厚労官僚がサボっている」と教えているようなもの。社会保険庁の職員が業務外で有名人の年金記録をのぞき見た問題や、同省でも20人が利用していた「居酒屋タクシー」に続き、論議を呼びそうだ。

 「夜の残業も長いと仕事と関係ないHPを見てしまう」。厚労省の中堅職員はそう弁明する。

 「職場でネットなんて見ようと思わない」というベテラン職員も「飲み会の約束とか、仕事と関係ない人にもメールを送ることはある。どうせだれもチェックしていないだろう」と、同省のメールアドレスを私的流用しているという。若手職員は私的メールに限ってホームページでメールがやりとりできる「ウェブメール」を使用するという。それでも多くの場合、詳しく解析すれば外部からも厚労省の官用パソコンを使用したものとばれてしまう。

 今月4日午後2時ごろには、あるロックバンドのファンが作ったネット掲示板に「私たちが大好きな○○(バンド名)は、やっぱり最高!!!」と書き込みがあった。官用パソコンからネットを利用すると、閲覧したホームページには固有の記号が残される。同掲示板は記号がそのまま表示される設定で、サボっていることは一目瞭然(りょうぜん)。同様の記号は、民間のブログにも残され、ブログ管理者が勤務中の閲覧を指摘。「税金を返すべきだ」と批判している。

 ITジャーナリスト、井上トシユキさんは「役所が年金や後期高齢者医療で矢面に立たされているのに、仕事をサボって閲覧しているのはあまりにも危機意識がない」と指摘する。

 その上で「誹謗(ひぼう)中傷が掲示板に書かれて訴訟が相次いだ平成14〜15年から、大手企業は厳しく閲覧制限を行った。いまだに野放しとなっていたとは、時代錯誤も甚だしい」と、同省の管理体制も批判している。






「厚労“ネットカフェ役人” サボり丸見え 書き込み、メールに固有記号」



からの引用です。
posted by 肉まん父さん at 21:20 | TrackBack(0) | 日記

2008年07月11日

月1回更新ブログは20%未満 総務省の調査

月1回更新ブログは20%未満 総務省の調査

2008年7月9日(水)18:33


 総務省は9日までに、インターネット上で公開されている国内のブログ(日記風サイト)のうち、月1回以上内容が更新されているブログは20%に満たなかったとの調査結果をまとめた。自分の意見を発信したり、コミュニケーションの場としてブログを開設しながら、書き込みをやめてしまう利用者が多いことが浮き彫りとなった。「訪問者が少ない」「更新が面倒」などが更新を中止した理由とみられる。







「月1回更新ブログは20%未満 総務省の調査」




からの引用です。
posted by 肉まん父さん at 16:47 | TrackBack(0) | 日記

2008年07月05日

正露丸・マーク酷似の違法性認めず、大幸薬品の敗訴確定

正露丸・マーク酷似の違法性認めず、大幸薬品の敗訴確定

7月4日21時48分配信 読売新聞


 「ラッパのマーク」で知られる胃腸薬「正露丸」を製造販売する大幸薬品(大阪府吹田市)が、ひょうたんマークの「イヅミ正露丸」を販売する和泉薬品工業(同府和泉市)に、パッケージのデザインが酷似しており、不正競争防止法に違反するとして、製造販売の差し止めなどを求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(津野修裁判長)は4日、大幸薬品の上告を退ける決定をした。

 同社の敗訴が確定した。

 同社側は「『正露丸』の表示は、自社ブランドとして消費者に浸透している」などと主張したが、1審・大阪地裁判決、2審・大阪高裁判決は「昭和30年代から複数業者が同様のデザインで製造販売をしており、『正露丸』は一般的な名称にすぎない」と退けた。

最終更新:7月4日21時48分






「正露丸・マーク酷似の違法性認めず、大幸薬品の敗訴確定」



からの引用です。
posted by 肉まん父さん at 08:20 | TrackBack(0) | 金融

2008年07月03日

日本最安タクシーも値上げ 初乗り280→350円に

日本最安タクシーも値上げ 初乗り280→350円に


2008年7月3日8時19分


 日本一安いタクシーとして知られる金比羅タクシー(徳島市)が、72年の創業時から36年据え置いてきた運賃の値上げに踏み切る。主力の大型車の初乗り(1.5キロ)が280円から350円になる。2度の石油危機も乗り越えてきたが、燃料のLPガス価格急騰に抗しきれなかった。

 四国運輸局に料金改定を申請中で、同局は近く申請通り認可する方針。加算運賃を含む値上げ率は約20%になる。

 金比羅タクシーは、街中で客を乗せる「流し」はせず、原則、電話予約だけで、稼働率が高い。車の修理も自前でコストを抑え、消費税分を上乗せした以外、料金を変えなかった。

 だが、大和義雄マネジャーは「会社と運転手が一緒に辛抱に辛抱を重ねてきたが、(LPガス価格の上昇に)耐えられなくなった」と話す。最近は常連客から「値上げした方がいいのでは」と心配されていたという。

 ただ、徳島市の一般的なタクシー初乗り運賃は550円。値上げしてもなお「格安」だ。


「日本最安タクシーも値上げ 初乗り280→350円に」
から引用
posted by 肉まん父さん at 10:09 | TrackBack(0) | 金融

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。