2010年05月29日

情報商材でトラブル

「三千万円の収入が得られる」「必ずやせられる」など、断定した表現がうたい文句の「情報商材」。

販売者の体験談や思わせぶりな広告を信じて購入し、トラブルになるケースがあるとして、国民生活センターが注意を呼びかけている。

情報商材は、冊子、DVD、PDF形式などによっており、代金を支払うと郵送やダウンロードできるメールが送られ、手元に届く仕組み。

センターによると、利益や効果が確実に得られるような表現で、内容は現実味のないものがみられる。

重要箇所が伏せ字であいまいな説明も多い。

2009年度の情報商材に関する相談件数は700件超で、相談の約半数は契約金額が「1万円以上5万円未満」だった。

兵庫県の20代の女性は「年間2千万円以上稼ぐ方法を公開。3ヶ月続けて100万円以上の収入にならなければ全額返金します」とする広告にひかれ約5万円で購入したが、情報は「派遣会社として開業し、人材を企業に紹介した手数料で稼ぐ」という内容。

開業には高額な資金が必要と分かったが、販売者には返金を拒否された。

2010年5月29日神戸新聞
posted by 肉まん父さん at 11:03 | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。